陸マイラーの投資・お金儲け・旅行ブログ

旅行が大好きです!投資や運用、トレードをして収入を得てます

FXで必ず勝ってプラスにする方法

FXの参加者の9割の人は収支がマイナスになっていると言われています。

この記事に行きついたあなたも、収支がマイナスになっているからこの記事を見ているのではないでしょうか。

しかし、FXや為替の仕組みと確率を知れば必ずプラスにすることができます。

嘘ではないです。この記事を読んで頂ければ必ず勝てます。

※私はFXに関して「勝ち負け」といういい方はあまり好きではありません。私にとってFXは投資であってギャンブルではないからです。しかしこの記事では、分かりやすく「勝ち負け」という言葉を使用させて頂きます。そして分かりやすくするために、この記事ではすべてDMMFXのアメリカドルの話として統一させて頂きます。基本的にはどこのFX業者でも何の通貨でも同じです。

今回は、FXで誰でも必ず勝つ方法を短く簡単に記事にしたいと思います。

f:id:kana888t:20190826011244j:plain

簡単な事だけを理解していれば誰でも必ず勝てます

こんな事を言うと詐欺だろとか言われそうですが詐欺ではないです。何も売りつけませんし、変なセミナーの勧誘などもしません(笑)

簡単な確率と統計学だけを理解していれば誰でも必ず勝てるのです。

FXにおいて売買の仕組みとは

まずはFXの仕組みを簡単に説明させていただきます。

ドルは10000単位で取引することになります。1円上がれば10,000円プラスになります。

そして「スプレッド」と言うものがあります。青と赤の間の0.3と書いてあるのがスプレッドです。これがFX業者の事実上の手数料となります。

f:id:kana888t:20190826022750j:plain

上の画像は売るときは105.340円 買うときは105.343円と言う意味です。

すなわち、買ったり売ったりポジションを持った瞬間に0.3銭マイナスからスタートという事です。10000単位だと30円のマイナスからスタートです。

1円上がる確率と1円下がる確率は同じです

ここからが重要です。

まず、一番最初に理解していてほしいのが、為替が1円上がるのと1円下がるのは同じ確率だという事です。

例えば、 今1ドル=100円だとします。そして、24時間後に99円になっている確率と101円になっている確率は同じ確立なんです。

1日で1円上下することは珍しいから想像しずらいですかね。

24時間後に100円20銭になっている確率と、99円80銭になっている確率は一緒です。

スワップポイントは根本的に毎日分もらえる

FX取引は平日の24時間取引が行われています。

そして、ポジションを持っていると、毎日スワップポイントを受け取る(支払う)ことができます。各FX業者によって受け取れる時間が違いますが、DMMFXの場合、火~土の午前7:00にポジションを持っているとスワップポイントを受け取る権利がもらえます。

f:id:kana888t:20190831171734j:plain

上の図のように、米ドルの買いポジションを持っていると+57円。売りポジションを持っていると-57円のスワップポイントが発生します。

時差の関係で、日本の日曜日と月曜日にはスワップポイントは発生せず、木曜日に3日分のスワップポイントが発生します。

分かりやすく言うと、朝7時に米ドルのポジションを持っているだけで57円のスワップポイントを貰えるという事です。

統計学の大数の法則を使えばFXは誰でも必ず勝てます

ここまでの説明でお気づきでしょうか?

ここからは大数の法則と、確率のお話になります。

例えば今、米ドルのレートが100円だとして、米ドルの買いポジションを持ったとします。前項までに言った通り24時間後に101円になる確率と99円になる確率は同じ確率です。中央値は100です。

スプレッドが0.3ありますので、30円のマイナスになります。そして、24時間ポジションをつとスワップポイントを57円貰う事ができます。

スプレッドとスワップポイントを相殺すると、以下の数式のようになります。

-30+57=27

この数式の通り、統計学上、毎日27円プラスになるのです。100ポジション持てば1日2,700円のプラスです。

そりゃあ今日だけとか、2~3日だけをこれを続けても、レートの上下の偏りによって、必ず勝てるとは言い切れません。

しかし、大数の法則にのっとり一定の日数続ければ必ずプラスになります。

さいごに

今回はFXで必ず勝てる方法をご紹介させて頂きました。

しかし、1ポジションで1日27円のプラスは少ないと感じる方もいらっしゃいますよね。次回FXについての記事を書くときは、プラスに転じる確率が高い時、マイナスに転じる確率が高い時をお話しさせて頂きたいと思います。

それはまた!