陸マイラーの投資・お金儲け・旅行ブログ

旅行が大好きです!投資や運用、トレードをして収入を得てます

ラクマ 「出品・編集機能が制限されています。」

 7/10追記

 

ラクマを皆さんはご存じでしょうか?

 

Rakutenが運営するフリマアプリです。

 

私事ではありますが、買い物が趣味みたいなところがありまして、日々、衝動買いをしてはストレスを解消しております(笑)

 

そうなると当然、不用品が大量に出るわけでして、そんな不用品をフリマアプリで売却しておりました。

 

もちろん「ラクマ」も使用しておりましたが、この度、アカウント利用制限(事実用の永久追放らしい)されましたので、皆様への注意喚起という位置づけで、ここに記したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出品中だった商品がすべて削除

 

何か売れてないかな~と、ふとラクマのフリマアプリを開いたときに初めて異変に気付きました。

 

画面が真っ白。

 

10品くらい出品中だったはずの商品がすべて削除されておりました。

f:id:kana888t:20190702005029p:plain

私も結構ドジなほうだったりしますので、間違えて自分で消してしまったのだと思いました。

 

 ちなみにこの時点でラクマさんからはメールも通知も何も来ておりません。

 

 

 

 

 

出品しなおそうとしても出品できない

 

 

手間だけど出品しなおせばいいかなと思って出品をし直そうとしました。

しかしこんなのが出てきました...

f:id:kana888t:20190702022506p:plain

 

なんか読みずらいけど、

「商品が投稿できませんでした 出品・編集機能が制限されています。 制限された機能の解除予定はございません

 

…なーんて物騒なことが書いてあるじゃありませんか!

 

なにがなんだか訳が分かりません!

 

そして、googl先生にお尋ねしたところ、この「制限された機能の解除予定はございません」という文言が事実上の永久追放らしいんです...

 

つまり垢バンです...

 

 

 

 

 

考えられる理由

 

 

私はラクマにおいて取引が数十件あり、そのすべてが「よい評価」でした。

 

ラクマの運営の方からは今まで1回も注意や警告、削除もされたこともありません。

 

そんな有料会員の私 (自分で言うな) がなぜこの利用制限されたのか全く見当もつきませんでした。

 

...しかし色々考えたところ、1つだけ思い浮かんだものがありました...

 

それは、お土産で頂いたものを前日に出品していたんです。

 

せっかくの頂き物を出品するな!とおっしゃりたい気持ちは分かります。私も心が痛んだんですよ...せっかくの頂き物ですもんね。

 

しかし、今回言いたいのはそこではないのです!

 

何を出品していたかというとジブリのグッズでした。

 

当然ジブリの商品が悪いのではないですよ。

 

中国製でしたので、おそらくそれが偽物だったのではないかなと思います。

 

 

 

残った売上金はどうなる?

 

売上残高が1万円以上残っておりましたので、そこだけは出金したいと思い、出金申請を致しました。

 

そこは問題なく振込申請できたようです。

 

追記 後日無事入金されました。

 

 

 

 

Rakutenヘビーユーザーでも関係なくこうなります

 

 

私は楽天のヘビーユーザーでした。ダイヤモンド資格を何年も継続していますし、楽天銀行にも口座を作っております。楽天の株もたまに買ったりしております。

f:id:kana888t:20190702035844p:plain

 

しかしそんなものは何の関係もありません。

 

どんなに楽天愛があっても、無情にもアカウントを使えなくされてしまうのです...

 

 

 

 

さいごに

 

 

今回アカウント削除はされませんでした。アプリをタップすると開くことはできるのです。

 

しかし、「制限された機能の解除予定はございません」という悪魔の言葉が表示されると事実上のアカウント削除のようです。

 

二度と販売することはできません。

 

不用品を数十万円も売ったアカウントを、知らなかったとはいえ、数百円の本物か偽物かどうか分からない商品を出品したために垢バンされてしまうんです。

 

偽物だとしたら、確かに私が偽物かどうかをきちんと調べずに出品したから悪いんです...

 

今回の出来事を通して、手間を惜しむと自分に返ってくるということと、ジブリは偉大だという事を教訓にしたいと思います...

 

 

それではまた!