陸マイラーの投資・お金儲け・旅行ブログ

旅行が大好きです!投資や運用、トレードをして収入を得てます

個人投資家のほとんどが投資でマイナスになる理由

老後2000万円発言問題などで昨今は、投資への期待の目がよりいっそう強まってきたような気がします。

しかし株式やFXなどの投資をしている個人投資家の実に9割の方がマイナスになっていると言われております。なぜでしょうか?

今回は、なぜ個人投資家のほとんどはマイナスになるのかを記事にしていきたいと思います。

f:id:kana888t:20191013024242j:plain

心理の変化で勝敗が決まる

まず最初に二択の問題を二つ質問をさせてください。

 

皆さんは次のどちらを選びますでしょうか?

 

  1. 何もしなくても無条件で100万円もらえる。
  2. コインを投げて裏が出たら200万円もらえる。

 

さてどうでしょう?

おそらく1を選んだ人が多いのではないでしょうか?

1も2も貰える金額の期待値は100万円です。どちらも同じなのです。しかし1を選んだ人が多いのです。なぜでしょう。

その理由は、利益を得ることができる場面では、確実で堅実な選択肢を選ぶことが多いのです

 

そしてもう一つ質問です。

こちらはあなたが借金を200万円の借金を抱えている状態という前提条件での質問とさせてください。

 

  1. 何もしなくても借金が100万円減って、100万円の借金が残る。
  2. コインを投げて裏が出れば借金が0円になる。

 

いかがでしょうか?この質問の期待値も1問目の質問と同じく100万円です。先ほどと同じです。

しかし最初の質問で1を選んだ方の中でも、今回の質問で2を選んだ人が多いのではないでしょうか?

最初の質問では堅実な1を選んだ方でも、二問目の質問ではギャンブル性の高い2を選ぶ。これには自分の現在の立場による思考の変化が関係してきます。

資金が通常時の考え方とマイナス時の思考が変わる

一問目の質問では1を選んだ人が多いと思います。それは、利益を逃すリスクを嫌っていることが関係しています。せっかく100万円を得るチャンスがあるのに貰えないのは嫌だという心理です。

反対に、二問目の質問では2を選んだ人が多いと思います。それは、借金を帳消しにできないリスクを嫌っていること関係してきます。

人間はリスクをとても嫌う生き物です。このリスクに対する見方が、通常時とマイナス時では完全に違っているのです。

通常時や資金がプラスの時は堅実な選択肢を選ぶ傾向があります。

反対に、資金がマイナスの時は、そのマイナスを帳消しにする選択肢を選ぶ傾向にあります。

心理的感情の違い

株式投資やFX投資をやっている方なら分かると思います。

 

10万円プラスになれば嬉しいですよね。しかし10万円損を出したときは、それ以上のふり幅の悔しさの感情が出てこないでしょうか?

つまり普通、人間は得をした時よりも損をした時のほうが強い感情にかられます。100万円得をしたときの喜びよりも、100万円損をしたときの悔しさのほうがエネルギーが強いということです。この感情の変化により、多くの個人投資家が、小さく勝って大きく負けるということを繰り返しています。

自分の感情に流されない

投資とは本来、ポジションを持ってからプラスになる確率とマイナスになる確率は、どちらも50%です。こちらの記事にその根拠が書かれておりますので、参考にしてみてください。


 感情に流されると「小さく勝って大きく負ける」を何度も繰り返すことになってしまいます。

いかにして感情に流されずにルールを決めて、そのルールを守るか。それさえできればどなたでも必ずプラスにできると断言できます。この記事が皆さんの投資方法のお役に少しでも立てば幸いです。